最新情報

2014年も残すところあと一日となりました。

皆さまにとってどんな一年でしたでしょうか。

本年は、ひとかたならぬご愛顧にあずかり、ありがとうございました。

弊社の年末年始の営業日についてご案内申し上げます。

 

平成26年12月30日(火)  業務終了

平成26年12月31日(水)~ 平成27年1月6日(火)まで 休業させていただきます
平成27年1月7日(水) 8時より通常営業開始いたします

 

来年も引き続きご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。
新年が大きな飛躍の年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

それでは、良いお年をお迎えください。

那須塩原市緑一丁目『緑ニュータウン』内 耐震工法テクノストラクチャーの新築注文住宅

S様邸の工事の様子です。

工事中柱などにキズをつけないようカバーをして保護しています。

71 72

階段の段板が設置されました。キズがつかないようこちらもしっかりと養生してあります。

73 74

75 76

プラスターボードが施工され、これから繋ぎ目のパテ処理をしてクロスを貼っていきます。

77 78

79 80

那須塩原市前弥六 E様邸の住宅新築工事の着工にあたり神職をお招きして祝詞をあげ、お祓いをして浄め、最初の鍬や鋤を入れ

工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る「じちんさい」を執り行いました。

1 2

3 4

那須塩原市北弥六『つつじ平ニュータウン』内 Y様邸の建て方(棟上げ)が始まりました。

1階柱を建て、桁・梁が組まれました。

15 16

根太、床下地の構造用合板が施工されました。

17 18

2階柱、梁、桁と順調に組まれていきます。

19 20

母屋、屋根タルキが設置されて屋根の下地となる野地ベニヤが施工されていきます。

24 21

屋根裏の様子で、梁に小屋束、母屋、タルキが組まれ金物やボルトでしっかりと止められています。

22 23

那須塩原市下厚崎 W様邸の地鎮祭が執り行われました。

1 2

3 4

那須塩原市北弥六『つつじ平ニュータウン』内 Y様邸の基礎工事の様子です。

ベタ基礎の様子で、捨てコンクリート打設、配筋作業をしているところです。

5 6

建物の中央には、地鎮祭にて祈願いただいたお札を鎮めます。

7 8

建て方(棟上げ)の前の土台敷きです。土台は、水質に耐え抗菌性に優れているヒバ材を使用しています。

9 10

基礎・基礎パッキン・土台と風圧力や地震力によって生じる引き抜きに耐えるためのアンカーボルトと

ホールダウン金物です。

11 12

建て方(棟上げ)が始まる前に足場が組まれました。

13 14

那須塩原市槻沢 パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャー K様邸の新築注文住宅

54 55

玄関脇に土足のまま入れる大容量のシューズクロークが便利!

56 58

清潔感のある白色をメインに壁やシステムキッチンを選び、リビングの1面のみクロスを変えて存在感をアピール。

60 62

繋がりのあるキッチン、リビング、ダイニング、そしてゴロ寝もできる和室も完備で建具を開ければ開放的です。

66 64

各部屋には、お施主さまにご要望を伺ったたっぷりの収納を完備。バルコニーは広めでお布団をたくさん干せて、

急なお天気の変化にも対応できるよう軒天に竿掛けを設置したので、お洗濯ものも安心して干せます。

73

那須町大字富岡 S様邸注文住宅の基礎工事が始まりました。

工事を着手する前に、建物の正確な位置を出す作業『丁張掛け』の様子です。

3 4

掘削(根切り)をして、砕石を敷き込み基礎が沈まないよう十分に転圧を行い住宅基礎に必要な地耐力を出します。

5 6

外周に枠組みをして、コンクリートの連結や基礎の強度を上げるために鉄筋を組みます。

7 8

9 10

これらの組みあがった鉄筋は構造設計による構造図をもとに配筋し、第3者機関の配筋検査を受けます。

11 12

13 14

15 16

生コンクリーリートを打設して水平に仕上げているところです。

19 20

那須塩原市緑一丁目『緑ニュータウン』内 耐震工法テクノストラクチャーの新築注文住宅

S様邸の工事の様子です。

2F床の下地に防音・断熱・クッション効果の高い下地材、床コンビボードが施工されました。

コンビボードは、木材繊維の絡み合った多孔質な材質で、2階から1階に響く足音や物音の響きを小さく

和らげることができ、同時にクッション効果も得られます。

67 68

69 70

那須塩原市槻沢 パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャー K様邸の新築注文住宅

壁、天井のプラスターボードが施工されて、ボードの繋ぎ目にパテ処理をしたところです。

床から天井まで繋ぎ目のない1枚もののプラスターボードを使い、ズレにより生じるクロスが切れるのを

最小限に抑えられるよう配慮しています。

50 51

52 53