最新情報

那須塩原市方京3丁目 I様邸 耐震注文住宅新築工事の様子です。

 

天井の下地が仕上がり、これからボードの繋ぎ目を平にするためパテ処理をしてから

クロスを貼っていきます。

 

各部屋の収納です。 収納する物を伺い、ご提案した棚やポールが設置してあります。

これから、パテ処理をしてクロスを貼っていきます。壁のボードは、床から天井まで横の継ぎ目がない1枚物です。

   

 

不規則に設置された飾り棚、平面的な壁にアクセントがつきます。

右側写真は、パテ処理をした状態です。

   

那須塩原市東小屋 M様邸 注文住宅新築工事の様子です。

 

建物内部工事です。壁面には柱と柱の間に筋交が取り付けられ、床を貼る前の下地となる大引きが取り付けられました。

これから、防蟻処理をし、構造用合板を取り付けていきます。

筋交(すじかい)とは、柱と柱の間に対角線方向に取り付けられる部材で、住宅の揺れや、ねじれの発生をふせいでくれる

重要な部材です。

  

 

屋根工事です。瓦葺きをしている様子で、一枚一枚丁寧に取り付けていきます。

瓦は、陶器製なのでメンテナンスフリーです。

     

 

建物の外部には、水は通さず湿気は通す性質で、内部結露を防ぐ透湿防水シートが貼られました。

那須塩原市上厚崎 I様邸 新築耐震注文住宅の工事の様子です。 

長期優良住宅認定の家です。

 

地鎮祭の時にいただいた安全祈願のお札を建物の中心の棟束の納めました。

 

 

壁には次世代省エネルギー基準対応の断熱材が充てんされ、外壁面には防湿気密シートを貼り

断熱性能をより向上させます。

  

 

  

外周には、湿気を外部に排出し、雨水は室内に通さない性質をもち、

内部結露を防ぐ透湿防水シートが貼られました。

 

太陽光発電システムのパネルが設置されました。

 

室内のクローゼットの中は、お施主様が何を収納するかを伺い、ご提案しています。

 

 

 

足場が外され建物の外観がはっきり見えてきました。

広い玄関ポーチの柱は、タイル貼りでアクセントをつけました。

那須塩原市北弥六 『つつじ平ニュータウン』内 I様邸 耐震住宅新築工事の建て方(棟上げ)の様子です。

 

土台敷きが完了し、足場が組まれて建て方が始りました。

 

重機を使って柱・梁(テクノビーム)を組み上げていきます。

 

2階部分まで建ち上がりました。中央と上部に見える灰色の部分が梁と呼ばれ

パナソニック耐震住宅工法のテクノストラクチャーのオリジナル複合梁『テクノビーム』です。

テクノビームとは、軽量H型鋼を芯材に上下で木をはさみたわみがほとんど進行しない

高耐久性能の強い梁です。

那須塩原市東小屋 Y様邸 注文住宅新築工事の建て方(棟上げ)の様子です。

 

基礎の上には土台が敷かれ、建物の外周に足場が組まれました。

  

 

いよいよ建て方(棟上げ)です。 1階の柱が建ち上がりました。

  

 

梁が組まれ2階柱、屋根部分と進んでいきます。

  

 

屋根のタルキが取り付けられました。 壮観です。

  

 

屋根に野地板が貼られ、建物のかたちが見えてきました。

  

蓄熱暖房器の輻射熱でカラダに優しくぽかぽかと暖か~い注文住宅

  

    もっと詳しくは、こちらをクリック

高台に建ち見晴らしが良く、バルコニーが広くて開放的でステキな別荘です

    

  もっと詳しくは、こちらをクリック

那須塩原市 N様邸平家建注文住宅新築工事の様子です。

 

アスファルトルーフィングを貼り、ガルバリウム鋼板の屋根を葺きました。

  

 

柱・梁・火打ちがしっかりと組まれ、金物で頑丈に止められました。

    

 

壁には次世代省エネルギー基準対応の断熱材が充てんされました

  

那須塩原市の『つつじ平ニュータウン』内 I様邸耐震住宅新築工事の様子です。

 

配筋の様子です。配筋が正しく配置されているかどうかを第三者機関が検査をし、合格後、次の工事に入ります。
配筋とは、鉄筋コンクリート造の建物における鉄筋の配置のことで、構造図を基にそれぞれの鉄筋の配置と、
寸法・数量・種別などを正しく鉄筋が配置されているかを設計監理者がチェックします。
鉄筋は、388項目の構造計算を基に寸法、配置が決められるので安心です。

  

 

土地の神を鎮めるため、地鎮祭の時に祈願した鎮物のお札を建物の中心に埋めます。

 

配筋検査後、コンクリートを打設します。

 

型枠が外され基礎の完成です。

高機能積算線量計 『DOSEe』ドーズ イー を貸し出し致します。

 

 富士電機株式会社製で日常生活環境における放射線のひとつであるガンマ線を測定す
携帯型線量計です。

 

-貸し出し方法ー

   ◆予約制となります

     貸出を希望する方は、電話で創建まで予約してください。

      電話番号 0287-65-0775(代)

   ◆貸出期間と貸出時間

      1日限り 午前8:30~午後5:00まで

   ◆持参していただくもの 

     身分証明書等、予約者ご本人を確認できるものを持参してください。

  ※使用方法や注意事項は、貸し出しの際にご説明いたします。

    また、ご不明な点はお電話にてお問い合わせください。