最新情報

那須塩原市東小屋 M様邸住宅新築工事の様子です。

 

【基礎工事】

  
型枠材が外されて、建物の基礎部分の地面をコンクリートで覆うベタ基礎の完成です。
基礎の角は、強度を上げるための補強をしています。

 

【土台敷き】

   
基礎コンクリートの上に基礎パッキンを敷き、ヒバの土台を敷いていきます。
ヒバ材は、耐腐朽性、水湿、防腐効果に優れた材腫です。将来にわたり安心です。

 

【建て方】

   

   

   
建て方の様子です。2日間にわたり大工さん、業者さん仲間の協力で屋根まで完成させます。

那須塩原市方京3丁目 Ⅰ様邸住宅新築工事の様子です。

 外壁が貼られ建物のかたちがよくみえてきました。
外壁は、雨で汚れを浮かして洗い流す『親水セラ』を使用しています。
その上紫外線をガードして色あせ、日焼けを抑えてくれるので、塗替え頻度が
少なくメンテナンスが軽減できる外壁材です。

 天井、壁、床の断熱材にはホルムアルデヒドを含まない高性能グラスウールを使用しています。
創建の断熱仕様は、省エネルギー対策等級の最高ランク「等級4」に適合しています。
壁面には、『防湿気密シート』施工を標準としており隙間風をシャットアウトして気密性が高くなっています。
  

 ベランダ工事の完了です。
FRP防水施工しており、強度が大きく耐久性に優れた工法です。

那須塩原市東小屋 N様邸住宅新築工事の様子です。

 

建物の正確な位置や寸法を出し丁張りを掛け、ベタ基礎の配筋をしたところです。

  

 

構造設計された構造図を基に設計監理者及び第三者機関が、鉄筋の配置、寸法、数量、種別などが正しく施工されているか
どうかをチェックします。 それからコンクリートの打設をします。

      

那須塩原市東小屋 Y様邸住宅新築工事 着工の様子です。

 

基礎工事を始める前に地盤調査を行い、地盤が軟弱な場合には地盤改良補強をします。
下記写真は、補強方法のひとつで鋼管杭による工法です。
  

    

 

丁張り(ちょうはり)掛けの様子です。丁張りとは工事を着手する前に、建物の正確な位置を出す作業のことです。

 

 
 表土の土を掘り下げ、砕石により地盤を締め固めて防湿シートを敷き込み鉄筋の配筋を進めていきます。  

那須塩原市北弥六『つつじ平ニュータウン』内 I様邸新築工事の基礎工事の様子です。

 

工事を始める前に建物の正確な位置、寸法、直角、地盤の水平を出す丁張り作業です。

 

建物下の地盤全体に鉄筋を配筋して、そこにコンクリートを流し込んで作るため、強度が高く、耐震性も優れています。
また、地面からの湿気を防ぎ、シロアリ対策としても効果が期待できます。

 

配筋の様子です。配筋が正しく配置されているかどうかを確認する検査をします。
配筋とは、鉄筋コンクリート造の建物における鉄筋の配置のことで、配筋図を基にそれぞれの鉄筋の配置と、
寸法・数量・種別などを正しく鉄筋が配置されているかを設計監理者がチェックします。
鉄筋は、388項目の構造計算を基に寸法、配置が決められるので安心です。

那須塩原市東三島4丁目 N様邸新築工事の現場。 建て方(棟上げ)の様子です。

 

協力業者さん達のお手伝いをいただきクレーンを使って、大勢での建て方の始まりです。

  

 

屋根タルキを取り付けている所です。高所での危険な作業で職人さんも慎重です。

  

 

屋根の下地、野地板が張られてその上にアスファルトルーフィングが張られました。

アスファルトルーフィングとは、フェルト状の原紙にアスファルトを浸透、被覆した防水シートで屋根を雨水から守ってくれます。

  

 

大引きを入れ床断熱のスタイロフォームを敷きつめたところです。

スタイロフォームとは、押出発砲ポリスチレンフォームの断熱材・保温材で、熱を伝えにくく水を吸収しない優れた断熱材です。

  

那須塩原市東三島4丁目 N様邸住宅新築工事の様子です。

 

【基礎工事】

床下の湿気を防ぐ防湿シートと構造設計を基に配筋されたスラブです。

   

型枠を組み木杭固定し、スラブ配筋したところにコンクリートを打設します。

  

型枠材が外されいよいよ土台敷き、そして建て方になります。