最新情報

創建がおすすめする太陽光発電システムのページを新設しました。

  こちらからどうぞ!

那須町大字富岡 U様邸 建築中の様子です!

 

 【地盤改良】

地盤調査を基にRES-P工法による地盤改良工事を実施。

 

 【捨てコンクリート打ち】

防湿シート敷き込みし、床下の湿気を防ぎます。

 

 

 【スラブ配筋】

構造設計図(配筋図)を基に鉄筋が正確に配筋されます。

内部に碁盤の目のように敷かれた鉄筋で強度を確保しています。

388項目の緻密な構造計算を基に設計された構造図面に添って鉄筋の配置や寸法を決定し、施工していますので

基礎の強度を確保することができます。

 

 

【コンクリート打設】

配筋検査を実施し鉄筋の配筋状況を確認し、コンクリートを打設します。

那須塩原市阿波町 S様邸 建築中の様子です!

 

【丁張り掛け】

基礎工事をはじめる前に、建築する建物の位置・寸法・高さの基準をつくる作業です。

 

  【捨てコンクリート打ち】

転圧をして防湿シート敷き込み、捨てコンクリートを打った状態です。

 

【スラブ配筋】

地鎮祭を行ったときに神主さんからいただいた「鎮物」を納めます。

土地の神様を鎮め土地や建物がゆらぐことのないように祈願しました。

 

構造設計図(配筋図)に基づいて、正しく鉄筋が配置されているかの検査を受けます。

コンクリートの厚みが適切かどうかなどの強度や耐久性にかかわる重要な検査です。

 

   【コンクリート打設】

型枠の中にコンクリートを打ち込んでいます。

 

 【基礎完成】

型枠が外され鉄筋コンクリート、ベタ基礎が完成です。

 

   【土台敷き】

耐久性の高いヒバ材の土台です。

 

 【棟上げ】

梁には木+鉄オリジナル複合梁テクノビームを使用しています。

 

 

 

 

   【屋根】

タルキは45×75の部材で頑丈で安心です。

 

 【断熱材】

床断熱材は、省エネルギー対策等級4で、透湿性にすぐれている撥水グラスウールボードを使用しています。

 

   【アールの手すり壁】

2階ホールの手すり壁は少しでも広く安全にアールになっています。

制震システムの詳しい内容は、  クリックしてください。