最新情報

白河市 W様邸 建築中の様子です!

    【玄関屋根】

玄関屋根は、最近少なくなりました本格和風の化粧屋根です。これから化粧野地板を貼って屋根を仕上げていきます。

全体のバランスが大事ですね。仕上がりが楽しみです。

 

 【和室】 
真壁和室で、柱は4寸角の檜を使用。ラスボードを貼りつけてこの上に塗り壁で仕上げていきます。

 

    【外観】

外壁を貼る前の下地に『透湿防水シート』が貼られました。

透湿防水シートとは、建物の屋外側に貼り、水は通さないが湿気(水蒸気)は通す性能を持つシートです。

那須塩原市上厚崎 W様邸建築中の現場です。
  【棟札】

上棟し屋根が葺かれたところに、地鎮祭でいただいた棟札(むなふだ)を納めました。
 無事に完成しますようにお祈りいたします。

 

 【壁の断熱材】

高性能グラスウールの壁面に『防湿気密シート』を貼り、隙間風をシャットアウト。気密性が格段に高くなっています。

創建による断熱仕様は、省エネルギー等級の最高ランク『等級4』に適合しています。

 

  【外壁工事】

外壁が貼られ建物のイメージが見えてきました。これで暖かくなるし、雨の季節も安心です。

現在の外壁は、汚れが落ちやすく、色あせしにくく、外観の美しさを長く保つことができます。

大田原市滝沢 A様邸の建築中の様子です。

外観は、足場と養生シートが外され外観が見えてきました。

 

 

創建オリジナル『トイレの手洗いカウンター』
手すりを兼ねたカウンターの下地で、これから仕上げていきます。 

 

 

創建オリジナル『ニッチ』

柱の厚みを利用して、ちょっとした気づかいで手すりになったり・・・
飾り棚になったり・・・と ムダなく邪魔にならない工夫をしております。 

 

  

 

創建オリジナル『神棚』

重々しくなく素敵にカッコよく仕上げていきます。

 

那須塩原市上厚崎 W様邸の建築中の様子です。

 【地盤調査補強】

地盤調査の結果、柱状改良工事を行いました。

 

  【基礎工事】

ベタ基礎配筋中の状況です。建物の底盤全体を鉄筋の入ったコンクリートにした基礎です。

全体に鉄筋を構造計算に基づき配筋してコンクリートを流し込んでつくるため、強度が高く耐久性にも優れています。

地面からの湿気を防ぎシロアリ対策にも効果が期待できます。

 

 【基礎型枠施工】

基礎の型枠組工事。これからコンクリートが流し込まれます。 

 

  【土台敷き】

土台及び大引の敷き込みです。土台は米ヒバ105㎜角、大引は米松105㎜角を使用しています。

米ヒバは、耐水性が強く腐りにくくシロアリも寄せ付けません。

 

 【建て方】

2階床、構造用合板施工中。

 

    【テクノビーム】

パナソニック耐震住宅工法 テクノストラクチャーのテクノビームです。

長期荷重で『たわみ』がほとんど進行しない高耐久性能の梁です。