最新情報



今週末2月4日・5日2日間 開催しております。

会場は、那須塩原市北弥六『やしお台ニュータウン』内。

 ご家族お揃いでお越しください。スタッフ一同お待ちしております。

 

最新の『つつじ平ニュータウン』の状況です。

分譲地のもっと詳しい情報はこちらをクリック

福島県白河市 W様邸の工事の様子です。

 【敷地内への丁張りの完成】

丁張りとは、建物の正確な位置、高さを出す作業のことです。

 

  【ベタ基礎コンクリート工法 配筋の施工】

ベタ基礎とは、基礎の立ち上りだけでなく底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎のこと。

家の荷重を底板全体で受け止め面で支えます。地面をコンクリートで覆うので地面から上がってくる湿気を防ぎ、

シロアリの侵入も防ぎます。また、コンクリートを打設するとみえなくなってしまうので鉄筋コンクリートの工事は、

正確な施工が強度を保つ上で重要な作業となります。

 

 【建て方前の準備】

土台敷きの様子で、こちらの土台は、耐腐朽性が非常に強く抗菌作用がある米ヒバ120㎜の角材を使用しています。

 

【建て方の様子】1日目

   

協力業者さん達のお手伝いを得て、クレーンを使っての作業になります。

 

 【建て方の様子】2日目

2階屋根の施工中。高い所での危険な作業なので職人さん達も慎重です。

 

  【屋根の瓦下地施工中】

建て方から3日目には屋根の形も仕上がり、瓦を葺く前の下地の作業です。

那須塩原市青木 N様工場新築工事の地鎮祭(起工式)を執り行いました。

 

地鎮祭とは、工事着工前に土地の神を鎮め土地を使用させていただくことの許しを得て、その工事が無事に済むことを

祈る祭りを云います。

仏式では、地鎮祭を起工式とも云うそうです。

考え方は、こうして家を建てられるのも有縁無縁の人々のお陰であり、建築の運びとなったご縁に感謝と云う心です。

建築できることを、お互いに祝福し合って、喜びを御仏に感謝申し上げる儀式だそうです。

 

 

 

仏式で執り行われた地鎮祭(起工式)で、本尊の力で土地を清め、工事の安全を祈願する意味合いがあり読経・唱題し

鍬入れを行いました。

 

お天気でしたが大変寒い日で、心身共に気を引き締め責任をもって工事に取り組み、工事が安全に行われ無事

完成することを祈願いたしました。

那須塩原市 O様邸 平屋建ての住宅が完成しました。

ご夫婦お二人の住宅で、使い勝手を考えた生活しやすい住宅に仕上がりました。

詳しくは・・・こちらへ

あけましておめでとうございます。

 

昨年は、格別のご厚情を賜り厚くお礼申し上げます。

本年も社員一同 皆様にご満足いただけるよう心がける所存でございます。

何とぞ昨年同様のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

本日、黒磯神社にて 初詣 安全祈願をしてまいりました。